OA機器コラム

ミニ空気清浄機の特徴!

大きくて多機能なものばかりが空気清浄機ではない

空気清浄機というと、いまはいろいろな種類の空気清浄機があります。プラズマクラスターやイオンの力を、というものや、空気清浄機だけでなく加湿器の性能を備えているものも当然のようにあります。タバコの臭いを問題視することや、花粉症になる人はいても治る人は少ないこともあって、部屋の空気をきれいに保とうと考える人は増加傾向にあるといえるでしょう。
ですが、空気清浄機もそれなりの値段がするのが実情です。2万円から3万円のものが多いですが、5万円以上の高性能タイプも、いろいろなメーカーから多く発売されています。
しかしそういったものは、広い部屋を快適に過ごせるように、というものも多く、そこまでの性能を必要としない家庭には無用の長物です。個人の世帯も多い現状、ワンルームで使うための、ミニタイプの空気清浄機も増えてきてます。
IG-A100

 

ミニタイプの空気清浄機はなんといっても価格が安いのが目玉

21685010054 大きいタイプは数万円することもありますが、ミニタイプの空気清浄機は1万円程度から見つけることができます。
その分、加湿器の機能がなかったり、プラズマクラスターなど最近の空気清浄機によく言われる機能がなく、ごくごくシンプル、という特徴があります。また、そういった特殊な機能がついているものは、ミニタイプの中ではそれほど力をかける余裕がないこともあって、そうした機能がついててもいなくても、関係なことが多いとされています。
ですからファンタイプの、空気を吸い込んでフィルターでシンプルに空気をきれいにする機能を持った空気清浄機を選ぶのが良いとされています。
本体そのものが小さめなので、部屋のスペースに余裕がない家でも、気軽に使いやすいという特徴もあります。

 

ミニタイプの空気清浄機はシンプルに機能を比較するのが重要

ミニタイプは基本的な機能が重要なので、どういった点を中心に比較するのかがシンプルになります。
まずはフィルターです。99%、99.5%など、99%以上ばかりなのだから別に違いがないように思えるかもしれませんが、10000のゴミがあれば、99%カットなら100個残りますが、99.9%なら10個しか、99.97%なら3個しか残らないと考えると、結構な違いがあるとわかるでしょう。
またフィルターがいくらよくても、吸い込む力、風量が大したことがなければフィルターに届くゴミの量が少ないですから、意味がありません。場合によっては風量で上回る方がフィルター性能に劣っても清浄力を上回ることもあるでしょう。
さらに臭いの元やゴミを探知できるセンサーもあれば良いですが、やはり基礎的な性能を検討すると良いでしょう。
41H4xCl7B8L._SX355_

ミニ空気清浄機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949