OA機器コラム

コピー機の耐用年数ってどれくらい?

基本的な耐用年数は5年程度に設定されている

コピー機の基本的な耐用年数は5年くらいとされているので、大体5年周期で交換していかなければなりません。家庭用のプリンタとは違い、長期間利用することに対応していないので、5年経過したら交換することとなります。ただ交換する際の注意点として、5年経過する前にトラブルが起きてしまった場合は、その前に交換することとなります。
コピー機というのは、そこまで耐用年数の長いものではなく、何らかの理由ですぐに破損して動かなくなるケースもあります。毎日のように利用していると、5年という年数よりも早く壊れてしまい、修理をしてもどうしようもならないケースだってあります。そのため5年というのは目安の数字となっているので、この年数を経過しているようなら、早々に交換した方がいいと考えてください。
Fotolia_92993794_Subscription_XXL

 

それ以前に壊れてしまう可能性があるので気を付けよう

Fotolia_79014743_Subscription_XXL コピー機の耐用年数は5年と書きましたが、それよりも早く破損する可能性があるため、しっかりと状況を見ていかなければなりません。300万枚以上の印刷をしている場合、コピー機が耐えられなくなってしまい、壊れてしまうケースもあります。これは耐用年数という部分ではなく、コピー機の部品の限界を超えて印刷しようとしているので、耐えられなくて壊れてしまうのです。
耐用年数は大体これくらいだとわかっていても、実際にはそれよりも早く壊れてしまうことがあります。リース契約ならその年数が来る前に交換して貰うことも可能ですが、実際に購入して利用する場合、耐用年数前に壊れてしまうケースがあることを知っておくといいです。そして枚数が多くなっていたと思ったら、どこかのタイミングでコピー機を変えることとなり、壊れる前に対処することとなります。

 

壊れてから交換しては遅いので早めに手を付ける

耐用年数前に壊れてしまう可能性を持っているので、壊れてから対応するのではなく、早めに手を付けていくことが重要となります。コピー機は壊れそうだなと思った時に新しいものを検討していくことが大切で、壊れてから対応することだけはしないでください。5年という歳月を考えていれば、基本的にその前に対応できるようになりますし、印刷枚数が多い場合でもおかしいと感じることが出てくるはずです。
こうして耐用年数前に交換できるようにしておき、コピー機が壊れてから何かをしなければならないという状態は避けておくこととなります。また複数のコピー機を導入する場合は、別々に耐用年数が来るようにしておくことで、コピー機が両方とも壊れてしまい、何もできないという状態は避けることができます。年数前に手を付けるようにして、寿命が来て壊れる前の対処が必要となります。
Fotolia_74381449_Subscription_XXL

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949