OA機器コラム

コピー機にusb機能ってある?

マルチコピーと呼ばれる機械であれば対応できることがある

従来までのコピー機であれば、基本的にusb端子が用意されていることは無く、取り付けることが出来無くなっています。しかし最近のコピー機の場合は別で、usb端子を用意して取り付けることが可能となっており、usbに入ってるデータから情報を出すことが可能となります。これなら簡単にできますし、データを移して利用する必要もないので、とても簡単な方法となっています。
このような機会をマルチコピー機と呼ぶことが多く、コピー機の中でも色々な機能を持っている製品に付けられます。usb端子もマルチの1つとして利用することが出来るようになっており、使いやすい機械が多くなっています。最近はこうしたマルチコピー機がコンビニなどに置かれているケースが多く、usbのデータをそのままコピーすることが可能となっています。

Universal Serial Bus graphic design, vector illustration eps10

 

コピーをする際に選ぶ必要があるので気を付けること

0column_r3_c1 このようなマルチコピー機を利用してusbのデータを印刷する場合、基本的にusbに入っているデータについて選ぶ必要があります。データを選んでからコピーをするのが一般的な方法となっているので、そのデータをしっかり読みとるようにして、その上でコピーが完了するまでusbを抜かないようにしておきます。勝手に抜いてしまうと、その時点でコピーが出来無くなるので注意が必要です。
データを選ぶ画面になった時点で、自分がコピーしたいと思っているデータを選択し、これをコピーしていくこととなります。コンビニなどでは、この時点でお金の支払いもすることとなり、お金を払わないとコピーが始まらないようになっています。usbは指定の作業が完了するまでは話さないようにしなければなりませんし、データを選ぶことを間違えると、やり直しをすることになります。

 

usbは使えるが中身のデータが対応していなければ駄目

usb端子が用意されていても、中に入っているデータが印刷できる対象となっていなければ、そのコピー機を利用しても印刷が出来無くなっています。特に気を付けたいのがbmpタイプの画像で、実は対応していないコピー機が多くなっています。本来なら対応しているように思われるのですが、実は対応しているコピー機が少なく、JPEG形式にしておかなければならないのです。
PDF等のファイルには対応しているので、こうしたファイルについては簡単に印刷できるようになっています。しかしusbの中に対応していないようなファイルが入っている場合、それを印刷することが出来ないのでやり直しとなります。自宅でusbに入れるデータを見る時に、対応していないような形式のファイルが無いかを確認することが大切で、間違っていると印刷まで行けなくなってしまいます。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949