OA機器コラム

コピー機のトナーの取り出し方は?

コピー機によって多少操作が違うので気を付ける

コピー機はトナーを利用しているものが多いので、取り出し方を知っていなければなりません。しかしコピー機によってトナーの取り出し方は異なっており、同じメーカーだからという理由で同じ操作をして壊してしまうことがあります。どのような操作をする必要があるのかをしっかり把握することが重要となっているので、間違っても変な操作をすることだけは避けてください。
昔のコピー機であれば、まずトナーカバーと呼ばれている部分を手動で開けて、その中に入っているトナーを取りだすこととなります。モノクロ印刷限定となっている場合は、トナーを全て取り外してしまえばすぐに交換することができます。カラーの場合は不足しているものだけを取り出して、最終的に全ての色が出るようにし手おけば問題はありません。しかし最近のタイプは大きく異なる方法を採用しています。

The image of a professional printing machine

 

最新のコピー機はボタン1つで色々な変更が可能となる

Fotolia_92905528_Subscription_XXL 現在のコピー機については、ボタン操作で外したいとなーだけを取り出せるようになっていたり、自動で外せるようにしてくれるので結構便利です。タッチパネルの部分で操作を行い、まずはトナーカバーを外して見えるようにしておきます。その上で外したい色のトナーを選択して、インクが無くなっているトナーを外せるようにしておきます。これで交換が可能となり、後は新しいものに変えるだけです。
ボタンで取り外しが可能となっているのは大きなポイントとなっており、これによってトナーインクを間違えて外してしまったり、余計なインクまで外してしまって交換が分からなくなることもありません。タッチパネルで操作をすることによって、どのインクが不足しているかも一目でわかるようになるので、どの色が足りないのか分からないような状態は無くなります。

 

小さいカバーが開くまではそのまま待っていること

ここで気を付けておきたいのが、新しいタイプのコピー機には、トナーカバーが2つ用意されていることです。本来は1つにしているのですが、より外れないようにするため、2つ目のカバーが取りつけられているのです。このカバーについては、小さなものが開くまではそのまま待っていることとなります。間違って開かないのに無理矢理取り出そうとすると、それは故障の原因となります。
ボタン操作によってトナーが取りだせるタイプの場合、小さなカバーについては自動的に外れるようになっており、それまでは取り出さないようにしてください。カバーが外れてから取りだすようにすると、壊さないようにして交換をすることができます。コピー機の中にはカバーが多くなっているものもありますので、もし2つ以上のカバーが付けられているなら、取りだすまでにはしっかり待つようにしておきます。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949