OA機器コラム

コピー機のシェアランキング

一番上位にいるのはキヤノンだが争いは激しい

コピー機のシェアランキングでは、ほぼ上位に食い込んでいるキヤノンというメーカーがあります。このメーカーは家庭用だけでなく業務用でもかなりの実績を上げており、コピー機のシェアという部分では非常に強みを持っています。他のメーカーよりも進んでいるコピー機が多くなっているだけでなく、積極的に新しい商品を提供して、業者などに出しているのです。
しかしキヤノンがトップにいると言っても、争いはかなり激しいこととなっています。家庭用でもそうですが、業務用でもライバル会社が多く存在しており、こうした会社が新しいものを出して対抗しています。キヤノンが一応一番手と言えるポジションを確保していますが、シェアという部分では激しい競争となっており、これから次第でコピー機のシェアランキングは変わることとなります。
Fotolia_92993794_Subscription_XXL

 

国内のライバルの一番手に君臨するのがエプソン

キヤノンに対抗している企業の1つで、ライバルの最大手とされているのがエプソンとなります。業務用でも家庭用でも実力を発揮しており、どちらかと言えば家庭用のコピー機に対して強みを持っているメーカーとなります。業務用で多少遅れを取っているのが問題となっており、シェアについてはトップになれないという部分を持っています。
CMを積極的の子なっているメーカーとなっており、キヤノンよりも宣伝という部分では画期的なものを利用しています。また他のメーカーには無いような機能を沢山取り付けており、使いやすいコピー機を提供しているメーカーでもあります。キヤノンとの激しい争いとなっており、国内市場ではかなりの強みを持っています。しかし海外では弱い傾向があり、シェアランキングでも世界で見ると沈んでいる現状があります。

 

コピー機は世界でもシェアランキングがあることを知る

当然世界でもコピー機というのは使われており、シェアランキングが存在します。キヤノンは世界でも上位に入っている企業ですが、海外だとHPやサムスン等も参入しており、非常に厳しい戦いを強いられているのが現状です。HPは大手と言える会社であり、日本でも徐々にコピー機でも進出しています。サムスンは値段の安さで勝負して、シェアを広げている韓国のメーカーです。
これに加え、日本でもある程度有名となっているゼロックスが海外では上位に入っています。日本では富士ゼロックスという名称で知られていますが、業務用のコピー機ではこちらもかなりのシェアを持っています。他にはリコーなども上位に入っており、実は海外ではかなりの争いとなっており、日本とはまた違ったシェアが繰り広げられています。海外でも強みがあるかどうかが、今後は問われることとなります。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949