OA機器コラム

コピー機の仕組みはどうなっているの?

枚数指定だとかコピーする時の機能はどうなっているのか

皆さんがコピーする時に、10枚コピーしたかったら10枚指定したりサイズなどを決めたりしますよね。普段は何気なくやっている行動ですが、内部ではどの様な動きをしているか気になる人もいるはずです。
コピー機の仕組みを知る事でどの様な感じになっているのか普段から気にする様になって感謝の気持ちも出るかも知れません。近年ではデジタル式が殆どとなっていますが、昔はアナログ形式をとっている事が多くなっていました。現在ではデジタル形式が多くなっていますが、アナログ形式もまだまだあるので、使いやすい方を選択すると言う会社も存在しています。
コピーの原理には静電気を使っているので、科学現象も関わっていると思って間違いありません。かなり専門的な知識となるので、気になる人だけ調べてみるのも良いです。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

 

アナログ形式の場合の内部構造はどうなっているか

コピーをする時の原理としてアナログ形式の場合はどうなっているのか見てみる事にします。感光体と呼ばれるものを通す事で上に置いた紙などを認識してコピーすると言う仕組みになっています。これは、カメラを写すフィルムの様な感じであると思うと身近に感じるかも知れません。コピーする場合にはコピーボタンを押す事で感光体が紙を全て映して、コピーするための準備を整えると考えても良いです。ここに上記に記載してある静電気の役割が重なって、コピーが完了すると言う事になります。
上に書いた事では原稿台を固定する意味がなく、何千枚もコピーするのに疑問が生じますが、固定する事により、光を逃がさない役目があると思って間違いなく、これには、逃がさないために専用の装置があります。

 

デジタル形式では原稿を読み取る事で写し出している

アナログ形式とは違い、デジタル形式では原稿を写し出す装置により、コピーすると考えると理解が深まります。厳密な違いもあり、現在ではデジタルカメラと同じ様にこちらを利用している場合が多い感じとなっています。
トナーと言う専用の粉を紙に付ける事で、コピー仕立ての紙が暖かいと言う原理もあります。トナーと言う専用の粉をコピーする時に熱をもって付け加える事で紙に定着させ、コピーの原理に利用します。これは静電気を逃がさないためであり、コピーする時に重要な事です。要するに熱を加えてトナーを付着させないと、紙に印字されないと考えても良いです。そのため、コピーする時にはこれは非常に重要な工程であり、静電気もトナーも熱も感光体などの光も十分に必要だと言う事が分かります。出来立てのコピーが暖かい理由と、途中で取り出すと字が消えているのは、この過程が良く出来なかったと言う事になります。

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949