OA機器コラム

コピー機のカウンター料金とは

1枚の単価が設定されているタイプのコピー機となる

本来コピー機というのは、レンタルの場合でも月額で決められていることの方が多いのですが、そうではないタイプの価格設定がされているタイプもあります。それがカウンター料金と呼ばれる方法であり、コピー機に搭載されているカウンターを利用して、印刷した枚数に応じてお金を払う方法となります。印刷した枚数を管理できるシステムが用意されており、間違えないように計算して支払いを行います。
この方法はカウンター料金の存在が重要となっており、どれくらいの単価で利用することが出来るかを知っていなければなりません。単価によっては、正直言って高額過ぎると感じてしまうこともあり、普通の月額使用料という形で支払った方が安くなることもあります。ただ業者との契約でこうするしかない場合は、コピー機の契約上仕方のないことと考えてください。

The image of a professional printing machine

 

カウンター料金は業者によって異なるので気を付けよう

Fotolia_92905528_Subscription_XXL 設定されているカウンター料金の違いというのは、当然業者が稼ぎたいために考えていることです。コピー機をレンタルしている業者によって、この金額が大きく変わってしまう点には気を付けてください。安くなっている業者もいれば、かなり高い金額に設定していることもあります。また一定の枚数まではこれだけという設定がされていることもあり、複雑な料金形態でもあるのです。
料金の仕組みが非常に複雑であること、カウンター自体を何とかして紛らわせることが出来ない点で、このタイプは結構苦労することとなります。カウンター料金の違いというのも当然ありますが、どれくらいまで価格設定がされているのかも注意しておかないと駄目です。場合によってはかなり高額となってしまい、レンタルしたことで損をする可能性もあります。

 

枚数を抑えている企業にとっては有効な方法に

カウンター料金を利用しているコピー機というのは、あまり印刷することが無い企業にとってはプラス材料となります。レンタルする時の費用が減らせるようになっていますし、枚数自体がそこまで多くないので、月額で支払うよりも抑えきれるメリットがあるからです。従ってコピー機をレンタルしたいと考えている時、枚数が少ないという自信があるならこの制度を採用した方がいいです。
逆にコピー機をよく利用しており、印刷枚数が相当多くなってしまうような企業については、普通に月額でレンタルした方が得をします。カウンター料金については、業者側が得をするように設定されているので、枚数が多くなるとそれだけ不利な状態になるのです。印刷する枚数があまりにも多すぎるような場合については、普通にレンタルした方がいいですし、カウンター料金という存在が邪魔になってしまうこともあります。
Handshake of men and women

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949