OA機器コラム

コピー機の紙詰まり原因は?

給紙ローラーの摩擦力の低下、分離パッドの汚れ

コピー機の紙詰まりの原因はさまざまありますが、給紙ローラーの摩擦力の低下が影響する場合があります。コピー用紙には裁断のときに出た粉が紙に吸着している場合があります。その粉が給紙ローラーや分離パッドにくっつき、給紙ローラーの摩擦力の低下を生み出し、給紙がうまく行われずに、紙詰まりが発生する場合があります。
これらが原因の場合の解消方法は、給紙ローラーと分離パッドを清掃することです。給紙ローラと分離パッドを清掃するには、コピー機のコンセントを抜き、電源をオフにします。つぎにマニュアルに従い、給紙ローラーと分離パッドをコピー機から取り外します。取り外したら、濡れた布で汚れをふき取ります。汚れを拭き取っても、紙詰まりが解消しない場合は、他の方法を試すか、最終的に給紙ローラと分離パッドが問題であれば、これらを交換する必要があります。この判断はメーカーの専門家に判断をしてもらいましょう。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

 

コピー用紙がくっついていたり、カールしていたりする

p07_04 コピー機の紙詰まり原因で2つめに考えられることは、コピー用紙の問題です。コピー用紙がくっついていたり、カールしていたりすると紙詰まりを起こす可能性があります。コピー用紙をコピー機にセットするときには、コピー用紙をさばくようにしましょう。コピー用紙のさばき方は、まずコピー用紙全体を曲げて、コピー用紙全体が膨らむようにして、コピー用紙の間に空気を入れます。その後、水平な台の上でコピー用紙を揃えます。
コピー用紙がカールする原因は、コピー用紙の保存場所に問題がある場合があります。まず、コピー用紙を使用する直前まではコピー用紙の袋を破かないようにします。そして、コピー用紙の保存先の湿度に気をつけます。湿度の高すぎる場所はカールする原因になります。逆に低すぎる場所は静電気で紙がくっついて複数のコピー用紙が一度に送られる原因になります。

 

手差しトレイの紙詰まり原因はさまざまあります

手差しトレイの紙詰まり原因はさまざまあります。まず、手差しトレイに用紙がきちんと設定されていない可能性があります。次に、手差しトレイの用紙はA4、A3など規定の用紙ではなく、はがきであったり、シールであったりします。これらの用紙がくっついていたり、丸まっていたりすると、紙詰まりを起こす可能性があります。これらを直しても駄目な場合は、手差しトレイの給紙ローラーに原因がある場合があります。給紙ローラーを取り外し、濡れた布で丁寧に拭きます。これらを行ってもコピー機の紙詰まりが解消しない場合は、給紙ローラーの交換になるかもしれません。メーカーに連絡し、専門家に相談しましょう。また、紙詰まりがおこったときには力任せに用紙を引き抜いてはいけません。紙が破け、故障の原因になる場合があります。紙詰まりを起こしているローラーを取り出すと、用紙を簡単に取り出すことができます。

Young business lady is thinking about something.

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949