OA機器コラム

コピー機の線が入る原因は?

コピー機のガラス部分が汚れていてそのまま入ってしまうことがある

黒い線が入るような印刷が行われている場合、コピー機の読み取り部分に問題があることが多いです。この部分が汚れていることによって、読みとった時に線になってしまい、そのままコピーされてしまうという問題があるのです。これについては汚れを綺麗に取り除くことによって、線を消すことが可能となります。特にガラス部分については、念入りにチェックして汚れを取り除くようにしてください。
コピー機のガラスというのは、原稿を読み取るスキャナ部分となっています。これが汚れていることは、線が入ってもおかしくない状態となってしまうので、汚れているようならきれいにふき取るようにしてください。スキャナの際についてしまった線というのは、ガラス部分に何らかの汚れが出ていることになりますので、この部分を綺麗にすればすぐに解消されます。

 

紙を送る部分にインクが付着していることもある

コピー機には紙を送る部分があり、ここが回ることによって紙を送りこむことができます。しかし何らかの理由で、ここにインクが付着してしまうと、ローラーが回転することによって紙に線が付くようになってしまいます。明らかに変な線が付き続けているのであれば、これはローラーの部分にインクが付いてしまい、線となって印刷されている可能性があります。
紙を送り込む部分の何処にインクが付着しているのかをチェックしなければなりませんが、分解して1つ1つ調べる必要性は無く、インクが付きやすい部分のローラーの部分だけ綺麗にしておくといいです。インクが付着しやすいのは、印刷する部分の近い所になりますので、この部分だけでもチェックをして、印刷するときに線になっているなら綺麗にしておけば綺麗になります。

 

印刷するまでのどこかに付着している場合もあるので注意

基本的にローラー部分かスキャナの部分に付着していることが多く、それ以外の部分には殆どついていることがありません。しかし何らかの理由により、付着している可能性があるので、コピー機のクリーニングという作業を行って、綺麗にしてあげることもあります。今まで挙げている部分以外に付着しているというのは、インクが大量に出ており、それによって付着して線になっていると考えられます。
この場合はクリーニングを行うことによって、インクが付着している部分を綺麗にすることができます。コピー機に搭載されている機能を利用することによって、自動的にクリーニングの作業が行われることとなり、インクの付着部分が綺麗になります。もし紙を送る部分やスキャナ部分に問題が無ければ、クリーニングをして他の部分も綺麗にすることで解消されることもあります。
p07_04

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949