OA機器コラム

コピー機で印刷データは残る?

一時的にデータとして残るように作られている

コピー機が印刷する場合は、一時的にそのデータを保存しておくようにして、それを印刷できるようにしています。コンビニ等のコピー機についても同様であり、スキャンしたデータを一時的な場所に保存するようにして、それを印刷のデータとして回すようにしています。このように残るような感じで作られているので、基本的にコピー機というのはデータが残るものと考えてください。
ただデータが残ると言っても、それは一時的なものとなっています。一定の期間が経過すると、勝手に消去されるようになり、それ以上は残らないようにしています。またデータの容量が多くなりすぎると、古いものから消してしまう機能が入っているので、多くなりすぎた時も勝手に消えてくれます。そのため一定期間を超えてしまえば、コピー機のデータは残らなくなります。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

 

このデータを勝手に取り出すことは殆どできなくなっている

データが残るというのは、勝手にデータを取り出すことが可能となり、個人情報の流出というのが考えられるようになります。しかしコピー機のデータを勝手に取り出す方法は無く、コンビニの店員にもそのような操作を指導していることはありません。データを取り出すためには、そのために必要な機器が用意されているので、それを使わない限りは誰も出すことが出来ないのです。
データは残っているのですが、このデータを見るための機能はコピー機に入っていません。外部のソフトを利用して出力することで、一時的に残っているデータは見られるようになりますが、メンテナンス会社もそのような機能を利用することは無いです。一時的に残ってしまうデータではありますが、別にコピー機の情報を取られてしまうことは無いので、安心して利用することが出来るのです。

 

現在のコピー機はすぐに消去されるものも出ている

昔のタイプであれば、一時的に保存する媒体に残っていることもありますが、最近のコピー機は印刷完了と同時に消去するように仕組みが構築されており、明らかに印刷時に問題が起きてしまうようなことがありません。コピー機のデータは、印刷が完了したと同時に消えてしまうようにシステムが作られており、それによって一時的でも残っていないような状態を作ることができます。
最近は個人情報保護の観点から、印刷終了と同時に消えるように仕組みを変えてしまい、印刷している時だけデータバックアップが残っているような感じになります。終われば消えてしまうので、印刷を普通にやっておけば特に問題は起こらないです。こうして確実にデータ流出を防げるようにしているだけでなく、個人情報を見せないようにする工夫が取られているので安心できます。

 

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949