OA機器コラム

ソーター付きのコピー機について

ソーター付きのコピー機のメリットや利便性について

ソーター付きのコピー機はとても便利で、資料作りの効率アップが図れます。
特にページ数の多い資料を多くの部数コピーする必要がある際には効果を発揮し、現在のオフィス業務では欠かせない機能です。
ソーターがないコピー機では、コピーをしたのちに1部毎にページ揃えをしなければならないため、資料作りに費やす多くの労力や時間が必要になります。
ソーター付きのコピー機でコピーするとページ揃えをしてくれるため、あとはステープラーやクリップなどで製本するのみとなります。
1台のソーター付きのコピー機で数人分の仕事量を処理してくれます。
また、更に効率アップを求められる方には、ソートするのみではなくステープラー機能も備えたステープラーソーター付きのコピー機も便利です。
image-product-mp_c8002

ソーター付きのコピー機を選定するにあたってのポイント

The image of a professional printing machine

導入時には、購入かリースのどちらにするか選択肢があります。
最近では、日進月歩、時代の流れで次々と新しい機能が追加していくこともあり、機種の入れ替わり頻度も高くなっています。
そのため、特に企業では、購入されるよりリースをする方を選択されていることが多くなってきています。
また、コピー機の選択肢も数多くあり、ソーター付きに加えてプリンタやスキャナーとしても使用できる複合機を選ばれることも多いです。
特に、ランニングコストをお考えの方には、カラー機かモノクロ機かを選ぶことも重要になります。
カラー機ですと、一枚当たりの印刷価格が割高ですので、印刷設定をよく確認しないで印刷するとモノクロで十分な印刷においてもカラーで印刷してしまうことがあります。
オフィスに1台はカラーのコピー機も必要ですが、通常使うコピー機はモノクロのコピー機の検討も価値があります。

ソーター付きのコピー機を導入するにあたっての準備について

コピー機のメーカーには、キャノン、京セラミタ、コニカミノルタ、シャープ、ゼロックス、東芝テック、ムラテックなど数多くのメーカーがあります。
特に企業で導入する場合には、関連企業やお得意様との関係で導入する場合もありますが、デザイン、機能を始め、使い勝手やコスト面でも各社様々な特徴がありますので、販売店やリース業者、営業担当者から説明をよく伺うことが必要です。
その際には、導入時のイニシャルコストはもちろんのこと、ランニングコストも良く確認することも大切になります。
購入される場合には、トナーや消費電力等の消耗品等のコスト、リースされる場合には、一枚当たりの印刷価格も加えて確認が必要です。
更に、定期メンテナンスやトラブル発生時のアフターサービス体制も導入する前には良く確認しておくことも重要となります。

Young business lady is thinking about something.

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949