OA機器コラム

コピー機の配送業者一覧

コピー機を移動させることには状況に応じての対応が求められる

コピー機を配送することについてですが、そもそもコピー機を移動すること自体に大変厄介な手間がかかります。コピー機はモノクロ機ですと重量は比較的軽いですが、カラーコピー機の重さは相当な重量となります。そしてこれが厄介な手間の一番のポイントになるのですが、コピー機の配送時の扱いは「精機器扱い」というものになります。ですからコピー機を配送しなくてはならないくなって運送会社に運びたい旨を伝えても、配送員が持てないと判断され荷物扱いにならず断られてしまいます。コピー機自体の大きさや重さだけで考えるなら、比較的簡単に誰もが思いつくヤマト運輸や引越し業者なら配送は可能ではないのかと考える方も多いのですが、積み下ろし作業やトラックへの積み込み方法にも技術が必要となってきます。「精密器扱い」とはそういった意味になるのです。 ph2s

コピー機を配送する業者を決定する上での意外と気づかないポイントについて

Young business lady is thinking about something.

配送するにあたっては何社かの見積もりを取ります。その際には「精密機器輸送比較君」などのインターネットの一括見積もりサイトでコピー機の輸送見積もりを取ることが必要になります。なぜなら輸送業者を選ぶ時の一番の注目点は輸送費の安さではないからです。コピー機は精密機械なので輸送内容の保証、つまりサービス内容が業者を選ぶ際に非常に重要なポイントになってくるのです。リースしていたコピー機を返す時にはそこまでの配慮は必要ありませんが、例えば会社の移転時にコピー機も一緒に運ぶといった場合、配送・搬入・据付といった一連のサービスが必要になってきます。経費節減の目的でコピー機を格安で配送できたはいいが、いざ使用するといった時に機械が動かないなどというトラブルがあるようでは本末転倒になってしまいます。したがって各社のサービス内容をじっくり比較・検討することが配送業者を決定する時の最重要項目となってくるわけです。

実際コピー機を配送する際の値段による違いや各社のこだわりの違い

コピー機を大型機器として一番安く運ぶのは日本通運のアロー便かヤマト運輸になります。どちらも大型のラップフィルムを巻いて配送するのですが、ヤマト運輸は精密器に対して難色を示すかもしれません。日本通運であればそこまで嫌がられるはことはないのですが、アロー便は混載で配送することによって配送料金を安くするシステムになっているので、それを踏まえた上ならいっそ梱包や開梱などを自分で行い集荷と配送のみのサービス利用という形を取るのがコピー機を配送の最安値と思われます。それ以外では配送業者OAサポート、株式会社ACトランスポート、有限会社ナイスキャリーサービス関東、株式会社ダイキなどが精密機器などが重量物の移動専門の配送会社です。配送業者決定時には少なくともこの4社で見積もりをすることをお勧めします。なぜなら例えば株式会社ダイキは精密機器配送のためにスピードローラーという重量物搬用ローラーを使用していたり、株式会社ACトランスポートは自社独自の梱包資材の使い方にこだわっていたりします。それらを比較して最終的に配送業者を選ぶことが満足に繋がることになるのです。

The image of a professional printing machine

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949