OA機器コラム

コピー機の歴史について

実は3世代に渡って段々と実装された機械であり、今も進化がある

現代では当然の様にコピーが出来る機械ですが、実は長い歴史の中で進化して来たと言う事実があり、色々な経緯を持って今のコピー機になっています。1779年頃に開発された事をきっかけに次第に普及していった機械ですが、最初の頃は20世紀頃まで続く技術として使い続けられ、現代に結び付くまでにはそれから何十年も先となっています。大体の年代では1959年頃となっており、現代で当然となっているコピー機はこの時代に誕生した事になっています。昔に作られた技術は今でも使われている事が多く、今では誰もが知っている有名な企業が最初と言うのは一般にも知られている話しです。「湿式」の頃のコピーはデメリットが多く、使い慣れていないと原稿を濡らしてしまうなど色々な問題もありました。そのため、後に現代の続く技術が開発されています。 img_product60

オフィスに使われているものは実は後に出来た技術

ph2s ジェームズワット氏によって発明されたコピー機は現代にも続く技術として革新を届けていますが、昔の技術ではオフィスで現在使われている様なものではなく、普通紙を使うと言う事もありませんでした。普通紙が使われる様になったのはかなり最近の話しであり、1950年代に初めてそうなったものです。オフィスで普通に使う事が出来る様になったのはやはり、普通紙でコピーが出来る様になったからであり、薬品を塗らないと出来ない、長期間保管出来る、大量にコピーしても時間が短いなどメリットを多数持って現代の企業を支える技術が出来上がりました。
オフィスで使われているコピーの方法以外でも昔の技術が使われているのは現代の人もあまり知らない事です。複写機とも呼ばれている事もあり、色々な会社が取り扱っている機械です。

現代に生きる技術として未だに進化を止めていない

現代ではカラーコピーや様々な応用技術も企業全体に広がり、コピー機自体の流用方法も増えて来ている現状です。激安のものであったり、インターネット上には見積もりサービスもあったりとコピー機の性能や数が増えた事で選ぶ権利も出来ています。「リース」と言う方法もあり、複数のコピーにもきちんと耐える事が出来る様な安全性や素人でもメンテナンスが可能な様な作りにしてあるのも今までの技術があって出来る業です。
スキャナする事でデジタル式になったコピー機もあり、昔の技術を残しつつも進化を遂げているのは現代でも変わりません。劇的な見栄えの変化はないものの、内部構造は専門家でしか分からない程に精密となっており、耐久性、安全性、大量のコピーまでの時間、音、排出される目に見えないゴミなどもきちんと考慮されています。
Fotolia_92905528_Subscription_XXL

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949