OA機器コラム

コピー機の運搬業者はこちら

コピー機の運送が必要な場合とは

普段、何気なく特別な意識を持たずに使っているコピー機ですが、こんな重たい重量物を運ぶことがあるのかと、ふと思うことがあります。
「そういえば去年のオフィスの引っ越しから、もう1年が経ったんだな。あの時、このコピーを移設した時は大変だったんだろうな。」
このような重量物を運搬するというのは、事務所の引っ越しや新しい事務機器の購入の時、もしくはリースが切れて下取り後の入れ替えの時等にコピーの運搬が出てくると思われます。
また、本社で使っていたコピーが古くなり新規入れ替えをした時に、関連会社の出先で古くてもいいから使いたいということで委譲するケースも稀にあります
おおよそコピー機を運搬する場面はこんな時でしょうか。
ph2s

コピーの運搬する前にやっておくべきこと

 

Fotolia_97081687_Subscription_XXL 最近のコピー機は色々な機能を搭載しています。
コピー機の構造として、複写したい原稿を読み取る。
読み取った原稿は、一時的にハードディスクに溜める。
そして、印刷する。
このような流れなのですが、それぞれの機能を活かして、コピーだけでなくスキャナーやプリンターとして使うこともできます。
また、電話回線を接続すればFAXとして使うこともできるのですが、これらの機能を持つコピー機を複合機と呼んでいるのです。
これらの高機能を持ったコピー機を運搬する前には、一度、メーカーの事前確認をしておく方が望ましいと考えられています。
複合機となっているコピー機は、LANのポートも持っており、オフィスにある従業員の持つパソコンや写真のIDを登録して使っていることがあるからです。
情報セキュリティ漏えいを防ぐためにも、これらの情報をバックアップするなり消去するなりの対応策をメーカーに相談しておくのです。

運搬業者の選定

運搬前のコピーの事前確認をメーカーに聞き、完了とできたら運搬となります。
ここで、コピー機の運搬業者の選定はどのようにすればいいのでしょうか?
運搬にもケースよって異なってくるかもしれません。
オフィスの移転に伴う運搬では、他の什器を合わせて搬出・搬入することになるでしょう。
この場合は、コピー機の運搬に伴う注意事項を引っ越し業者に徹底してもらうことが重要です。
振動にデリケートが機器が故に、運搬時に気を使う必要があります。
機器更新等に伴う入れ替えの際には、大抵はメーカー指定の専門業者が運搬してくるケースが多いと思われるので、特段の心配はないでしょう。
但し、引っ越しにしろ新規入れ替えにしろ、機器の運搬には搬出・搬入ルートを事前に確認しておくことが大事です。
荷物専用のエレベーターがあるのなら心配ないのですが、階段を使用せざるを得ないケースもあります。
このような場合に確認し経験豊富な業者を選ぶことは言うまでもまりません。

Young business lady is thinking about something.

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949