OA機器コラム

コピー機の構造はどうなっているの?

コピー機の構造は、あらゆる技術の集大成

コピー機は家庭でも、オフィスでも欠かすことのできない機械となっています。
この事務機器は、昔からオフィスで導入されていますが、その構造は多くの技術が結実したものと言えるでしょう。
ます、複写するためにコピーしたい原紙を載せる置台から、読み取るための機構があります。
原紙を送り出されると、コピーするために読み取りをしなければなりません。
これには読み取りセンサーが働きます。
読み取られた電子データはハードディスク等のメモリーに蓄積されます。
ここからは2つの仕事が動き始めるのです。
ますは、読み取られた原紙を排出する仕事です。
巧みなローラーの動きにより、排紙トレーに出されます。
並行して、メモリーに蓄積されたデータはコピーとして印字されることになります。
これがコピーの大まかな構造になります。
ph2s

コピーを支える各機構によってコピー機は成り立っている

このようにコピー機はいくつかの機構部分によって、成り立っているのです。
メカニカル的な部分では、原稿を読み取りながら、コピー機本体の中を駆け巡り排出されると同時に、印刷される紙はトナーで文字や画像データを印字させながら、印刷・排出されます。
電子的な部分では、原紙を読み取るセンサーが働き、その画像データ等を蓄積する機能あります。
そのデータは前述のとおり、印字するプリンター機構で印刷されるわけです。
このようにコピー機は、色々な機構や電子的なパーツが一体となって出来上がっているのです。
よって、最近のコピー機は単なる複写機というスタイルから、複合機へと進化しています。
複合機の機能により以前より増して、オフィスでの重要性がたまっています。

コピー機の各機能が別の働きを果たす複合機

複合機には、大きく4つの役目があります。
プリンター機能、FAX機能、スキャナー機能、そしてコピー機能です。
スキャナー機能とは、原紙をセンサーで読み取ることで、紙文書を電子データにして、ネットワークにつながっているパソコンに電子データを戻すことです。まさにペーパーレス運用と言えるでしょう。
プリンター機能は、パソコンで作成した資料等をネットワークを介して、複合機に印刷させる機能です。いわゆるネットワークプリンターと呼べるものです。
FAX機能のスキャナー機能を応用したもので、読み取りメモリーに蓄積されたデータを電話回線やインターネット経由で送信する機能です。
このようにオフォス内でLANが情報インフラのベースとなっている今、複合機もこれにつながり色々な仕事のサポートをしているのです。

The image of a professional printing machine

 

複合機をレンタルするならOA9

OA機器のレンタルに関することなど、
お気軽にお問い合わせください

ホームページに掲載している内容はレンタル商品の一部です。詳しくは、メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。OA機器の達人が、御社の条件にあわせて最適な機種を提案させていただきます。

お見積(無料)・お問い合わせ0120-090-949

お問い合わせフォーム
メールでのお問い合わせ

ページ最上部へ

ページ最上部へ

タップして、お電話ください。 0120090949