公式ブログ

世界最大級スポーツイベント開幕!

2021.07.30

ブルーインパルスを見て感じること

2021年7月23日(金)午後0時30分頃、東京都心上空をブルーインパルスが飛行しました。ライブで見ることは出来ませんでしたが、その後のニュースや家族が撮った動画を見て胸が熱くなりました。都内では多くのスポットに人が集まり、その様子を眺めている。皆、色々な感情を抱えながら見ているのだろう。私はエールを送られている気持ちになり、「まだまだ頑張ろう!出来ることは沢山ある!」そう胸に刻みました。

ブルーインパルスの隊長からのメッセージは以下の通りです。

「みなさまに少しでも空を見ていただく時間をプレゼント出来ればという思いで、飛行させていただきました。ご声援、ありがとうございました。選手の皆様におかれましては、これまでの準備に費やされた過程に敬意を表するとともに、試合において最高のパフォーマンスを発揮できるように祈念いたします。」

空を見る時間が好きな割には、なかなかその機会が少なくなっていた方も多かったのではないでしょうか?私もその一人です。改めてこの時間をプレゼントして頂いた航空自衛隊「アクロバット飛行チーム」の皆様に感謝申し上げます。

「スタート台に立った時点で誰が勝つかは決まっている。」

競泳女子400m/200m個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠衣選手がインタビューで話した言葉だ。前回大会から、いやそのもっと前から東京開催の今大会を目指した選手もいるだろう。この舞台に照準を合わせてきた全ての選手の中でたった8名だけが決勝のスタート台に立つ。だが大橋選手が言うように「スタート台に立った時点で誰が勝つかは決まっている。」そのことを十分に理解して日々努力を積み重ねてきた8名だけが自分自身の成果や成長を表現できる。たった4分30秒という時間で。「何事もプロセスが大事」「思いが強い者が勝つ」なんて軽々しく言えるものではないだろう。

仕事や人生も同じ!

8月から27期最終クォーターが始まる。この最終クォーターの結果はある程度決まっている。この1年、この数年やってきたことが結果として数字になって現れるのだ。五輪は4年に1度。会社は1年に1度、決算書という形で評価される。今年は金メダルを獲得できるだろうか?数字的にはメダル獲得が出来ても、数字に表れない部分では予選敗退かもしれない。そのようなことを考えつつ、11月には来期のスタート台に立つ。この時点で来期の勝敗はある程度決まっている。これもまた事実だろう。10月末までに出来ることは沢山ある。一日一日を大切にしよう!

通過点

五輪でのメダル獲得は、アスリートにとっては競技人生最大の目標であり夢だろう。メダル獲得の有無によってその後の人生に少なからず影響を及ぼすことも紛れもない事実。だが一生という意味では通過点でしかない。競技後の人生もそれなりに長い。

企業も同じだ。

1年1年、結果は数字に表れる。しかし、これはあくまでも通過点だ。多くの企業は中期や長期計画を立てる。そして活動し、また見直す。この繰り返しを行い、100年企業/長寿企業が生まれる。結果として100年なのか?100年後を考えて逆算してきた結果なのか?100年後というよりは、10年後を見据えつつ、3年~5年後を考える。こんな感じではないだろうか。

中期計画では3年~5年を区切りとする考え方が主流だが、なぜ4年ではないのだろう。日本人は4という数字を嫌う傾向にあるからだろうか?きっと大した意味はないだろう。五輪の年と重ね合わせて今後の成長戦略を組み立てる。ひょっとしたら分かり易くていいのかもしれない。時代背景も分かり易い。いいかも!(^^)!

今後の五輪開催地は、2024年パリ(フランス)、2028年ロサンゼルス(アメリカ)、2032年ブリスベン(オーストラリア)だ。2021年10月末、今期の結果を総括し(予選敗退、入賞、メダル獲得、メダルの色は?)、2032年ブリスベンまでの道のりを考えたいと改めて思っています。

上手くバトンを繋げたい!

今回の大会まだ序盤戦だが、世代交代を感じる場面を幾つか見た。女子ソフトボール絶対的エース上野投手⇒後藤投手。男子体操内村選手⇒橋本選手。いつか必ず訪れる避けては通れない場面だ。その時にどのようにバトンを渡すのか。そこにその人となりが見え隠れする。自分が積み上げてきたものを価値あるものにする為にも、その経験知識のすべてを伝えたい。そう考える先輩が沢山いるチーム・会社にのみ伝統という目には見えないが、確実に存在する文化が醸成されるのだろう。オーエーナインという会社にその文化が着実に根付いていくように努めていこう!

PS:弊社も大会関連施設に複合機をレンタルさせて頂きました。ありがとうございます!少しでも自国開催の大会に関われたことを嬉しく思います。また、我々とは比にならない台数をレンタルしている皆様、もう少しの間大会は続きますが、頑張ってください。舞台裏で活躍されている皆様を応援しています!!

  • facebook
  • twitter

ページ最上部へ